ポケットモンスターオメガルビー/アルファサファイア スレッド一覧に戻る
▼書き込む

ポケモンXY・ORAS解析内容まとめ


1  名前:ワンダー ID:HAANLCOH  2015/01/25 19:47
XY
3DS初のポケモン。戦闘が3Dモデルになりメガシンカの解禁でガルーラや
リザードン、ギャラドスなどが活躍している。
2013年12月あたりにカロス地方の幻のポケモン
ディアンシー、フーパ、ボルケニオンが解析されゲーム画面でのスクショ
もアップロードされた。各三匹のイベントも明らかになっている。
そしてメガラティオス、メガラティアスの存在。
メガダイケンキやメガフライゴンといった種族値、特性、タイプのみが解析
された大量の未解禁メガシンカ。
2014年2月以降、セーブデータ改造ツールが登場。ORAS発売前にメガラティ兄妹、
色違いのゼルネアスなどの改造ポケモンが出没するように。
未解禁技もサウザンアロー、スチームバースト、いじげんホールといった
ボルケニオン、フーパの専用技も解析された。
第五世代でゴウカザルなどを爆発的な火力を与えた「ジュエル」の存在確定。
六世代では飛行技を先制で出せる特性を持ったファイアローという現在でも
レートでかなり使われているポケモンがいる。フレアドライブ、ブレイブバードを
覚える、ジュエルが解禁されればアクロバットの威力も禁止級だろう。
他にも通常では使用できないワールドチャンピオンシップ戦のBGMや、BW2までに
存在していた大切なもののアイテムデータなどが解析されている。

ORAS
ゲンシカイキが導入されたRSのリメイク作品。新規のメガシンカが追加され、
XYとの通信はできないが、レートではカロスマークがついたポケモンしか参加できなくなり
零度スイクン、噴火ドランなどの過去作を互換切り。メガレックウザやメガディアンシーなど
ミュウツーに続き、禁止級のメガシンカも増えた。
2014年11月、ORASの体験版が配信され先行でメガハガネールなどを使えた。
しかし、海外勢が体験版を解析、XYの残骸データが判明、さらには今まで明らかになって
いなかった新規メガシンカの種族値も解析された。そしてフーパのフォルムチェンジ、
「ときはなたれしフーパ」も公式が未発表の前に存在が明らかになった。XYの時点で大量
に解析された未解禁メガシンカはガセだったこともメガラグラージが発表された時には
既に確定していた。フォルムチェンジしたフーパにしか使えないいじげんラッシュという
フーパのもう一つの専用技も解析された。発売後はディアンシナイトが手に入るディアンシー
のイベント、フォルムチェンジに必要なアイテムが手に入るフーパのイベント、
そしてボルケニオンのイベントも存在。改造ツールもORASに早く対応し、改造者が更に
増え続けた。レートでもあまのじゃくジャローダが配信前に使われていたなど、
対策ができていないと言われていたが、夢ランドロスが増え続けたためPGLはメンテナンスで
改造対策をした。有能である。強化後のミツル、四天王がガチ構成など、教え技が復活された
今回のORASだが六世代にはまだジガルデの強化がある。XY、ORASではサウザンアローしか
未解禁だがエメラルドのリメイク、もしくはXYマイチェンの作品でメガシンカやフォルムチェンジなどといったものもあるだろう。




書き込みフォーム
名前: E-Mail: