ダンボール戦機ウォーズ スレッド一覧に戻る
▼書き込む

ダン戦小説作ってくわ


1  名前:ZRE@小説を書く人 ID:CDOIJHDF  2015/05/04 19:56
おはこんばんちわZREでーっす
ダン戦爆ブースト板から移転してきましたよっと。
あっちが過疎すぎてじれったいのでね。まぁゆる~くダン戦小説書いてきます。
更新速度は2日に一回~一週間に一回くらいかね。モンハン板でもモンハン小説書いてるからそっちに集中しちゃうこともあるかと。なので更新は不定期ですよっと。

じゃスタート

2  名前:ZRE@小説を書く人 ID:CDOIJHDF  2015/05/04 20:26
早速書いていこうかな。プロローグから。



【ZREのダン戦小説】

~プロローグ~
時は2050年。
人類の科学力と生産力、そして生存力は飛躍的に向上し、それに伴って人々の生活はさらに豊かになり、軍事力も異常な成長を遂げ、自然との調和すら実現させた人類は、正に地球という惑星を支配したと言うに相応しい存在となった。
そして生活の豊かさ、生物としての力の両方を手中に収めた人類が次に追い求めたモノ————それが、遊び、娯楽である。
そして————
世界中のあらゆる分野の科学者達が総力を結集して開発した『玩具』が、一年と経たずに誕生した。
それこそが、対戦小型ロボットlittle‐Butler‐Experience、通称『LBX』。
掌に収まるほどのコンパクトさに、自分の意のままに操ることができる操作性、そしてそれらの要素が生み出すスタイリッシュさから、発売と同時に爆発的な人気を生み出し————瞬く間に世界に広がった。
その小型さから、盗聴、窃盗、そして殺人————そういった犯罪に悪用されるようになり、一時期は販売が中止された。
だが同時期に開発された奇跡にして最強の箱・『強化ダンボール』によって再び戦場を得たlittleButler達は世界へとさらに普及していった————。

これは、そのLBXに魅了された、一人の小学生の物語。
世界の裏でひっそりと行われた、大きくて小さな————————戦いだ。

3  名前:ペンギンさん ID:MLBGCNEG  2015/05/04 20:42
おいコラァ俺もダン戦好きだから楽しませてもらいマッセェェダンナさんよおぉぉぉ!

4  名前:ZRE@小説を書く人 ID:CDOIJHDF  2015/05/04 20:54
ちなみに俺、ダン戦は爆ブーストまでしかプレイしてないので知識は著しく欠如してます。
登場LBXも爆ブーまでのものになりまする。

俺の愛機は通常色ジ・エンプレスです。
AC200まで育て上げた最高の相棒です

5  名前:ペンギンさん ID:MLBGCNEG  2015/05/04 20:58
>>4
安心しなぁぁ旦那ァ……。俺は紅いトロイ目当てでダブルしかプレイしてねぇからよぉぉぉ!!

ちなみに愛機は察せると思いますが白いトロイと紅いトロイ、紅いイプシロンです。

6  名前:漆黒ノ深淵ニ眠リシ絶対神ZRE @そくひつ枕 ID:PAEOHNNB  2015/08/13 23:11
とりあえずMH小説の方に集中していたため、更新は遅れます。

7  名前:名無し ID:FCFDDPOJ  2017/09/05 20:09
2年放置

8  名前:ガルバマグナス ID:AAPPDFOJ  2017/09/07 07:26
見る価値無し。

書き込みフォーム
名前: E-Mail: